MENU

MEMBER LOGIN

ニュース

2018-2019トップリーグ
【愛知県 豊田スタジアム(9/ 1)】出場の報告

「ヤマハ発動機ジュビロ」vs「コカ・コーラ」
43 - 3 (前半 22-3 / 後半 21-0)

2018-2019シーズンが開幕し、ヤマハは今年も初戦を愛知県の豊田スタジアムにて迎えた。対するは九州の名門、コカ・コーラ。時折、雨が降るような不安定な天気の中、午後4時半にキックオフとなった。
 先制したのはヤマハ。前半6分にラインアウトからのモールを押し込みフッカーの日野選手がトライ。五郎丸選手のゴールも決まり、7-0とする。
 その後、昨年のような強い雨がスタジアムに降り注ぎ、両チームともボールが手につかず、膠着状態に。均衡を破ったのはヤマハFW。27分にスクラムで圧力をかけ、相手のパスミスを誘い、そのこぼれ球をセンターの小林選手がインゴールで押さえてトライ。
 さらに33分に清原選手の絶妙なパスを受けた副将のタヒトゥア選手がトライを決め、19-0とする。しかし、37分にPG(ペナルティーゴール)を決められ、19-3となる。
 前半終了間際にヤマハFWが相手ゴール前に攻め込み、コカ・コーラが反則。五郎丸選手が落ち着いてPGを決め、22-3で前半を終える。このPG成功により、五郎丸選手はニコラス ライアン選手のトップリーグ通算1188得点を越え、通算得点記録の首位となった。

 ヤマハのキックオフで後半が開始。12分にラインアウトから再び日野選手がトライを決め、22分に清原選手のパスを受けたウィングのゲリー選手が37mの独走トライを決め、34-3とリードを広げた。
 28分に途中出場のマッガーン選手がキックパスを右コーナーに放ち、ウィングの伊東選手が鮮やかにキャッチしてトライ。右隅の位置からのゴールを五郎丸選手がきっちりと成功させて、43-3とする。
 その後はコカ・コーラの猛攻をしっかりとタックルで抑え、今年も豊田スタジアムでの開幕戦を勝利で終えた。  試合後、記者会見に応じた五郎丸選手は「まずはキックを蹴る機会を与えてくれたチームやチームメイト、僕を支えてくれる家族に感謝です。ヤマハで11シーズンになりますが、それまでに日本選手権優勝や強化縮小など、様々な波があって、今日があることを実感しています。通算得点(1195得点)は通過点でしかありません。しかし、記録は次の世代への目標となる数字。次世代の選手たちが大きな目標を持って取り組んでもらうことを考えると、現在の得点に満足することなく、彼らにとって高い目標となるように、数字を伸ばすことができればと思います。」と、周囲への感謝と次世代の選手たちへのエールを述べた。
(抜粋 : ヤマハ発動機ジュビロ公式サイト


TOP