MENU

MEMBER LOGIN

ニュース

2018-2019トップリーグ
【東京都 秩父宮ラグビー場(9/ 8)】出場の報告

「クボタ」vs「ヤマハ発動機ジュビロ」
18 - 20 (前半 18-3 / 後半 0-17)

今季最初の首都圏での試合は東京・秩父宮ラグビー場にてクボタとの第2節。残暑らしさを感じさせる眩しい日差しが差し込む中、午後4時半にクボタのキックオフで試合が始まる。

開始直後からスクラムでの反則が続き、クボタの攻撃の時間が続く。前半12分にクボタがペナルティーゴール(以下、PG)を決めて先制。その後にクボタはラインアウトからのモールを押し込みトライ。0-8とクボタがリードを広げる。
前半25分にヘル選手の突進から相手陣に攻め込んだヤマハは、相手のオフサイドの反則を得て、五郎丸選手がPGを決め、3-8とする。 しかし、直後にヤマハの反則からクボタがPGを決め、さらにクボタのFWがモールからトライを決め、3-18と15点差をつけられて前半を終える。

後半はヤマハのキックオフで再開。後半2分にヤマハはラインアウトから展開し、伊東選手の快走から日野選手、クリシュナン選手とボールが渡り、最後はサポートした吉沢選手が中央に回りこんでトライ。五郎丸選手のゴールも決まり、10-18と8点差に詰め寄る。
後半12分にヤマハベンチが動く。入団15年目ベテランの仲谷選手と、躍動感あふれる2年目の桑野選手を送り込む。スミス選手のアタックやクリシュナン選手の快走からヤマハが主導権を握りだす。相手の反則から五郎丸選手のキックで相手陣に攻め込むと、後半22分に連続攻撃からヘル選手がトライを決める。五郎丸選手のゴールも決まり、17-18と1点差とする。
さらにヤマハはスクラムで圧力をかけ、29分に相手が反則。五郎丸選手がPGを狙うが失敗。しかし、32分に相手のオフサイドの反則から再び五郎丸選手42mの位置からPGを成功させて20-18と逆転に成功する。
残り8分、クボタは逆転を狙い、FWとBKが連携したアタックからヤマハ陣に攻め込む。ヤマハのゴールポスト正面の位置でヤマハが反則。これが決まるとクボタの逆転となる重要なPGに。クボタはPGを狙うが、ボールはゴールポストを反れて失敗。清原選手が落ち着いて処理し、残り2分となる。
今年でヤマハでプレーして10年目となるトゥイアリイ選手や、仲谷選手と同じく入団15年目の山村選手らの手堅いプレーで残り2分を守りきり、最後は途中交代のマッガーン選手がボールをタッチラインに蹴り出してノーサイド。ヤマハは15点差をひっくり返し、開幕から2連勝となった。

試合後の記者会見にて清宮監督は「ヤマハらしさはセットプレーで優位に立つラグビー。その意味では今日の試合は負け試合。次のホーム戦では、試合出場に飢えているギラギラした選手たちにチャンスを与えたい」と報道陣に語り、拾った勝利を次節への教訓に活かす姿勢を見せていた。
(抜粋 : ヤマハ発動機ジュビロ公式サイト


TOP