MENU

MEMBER LOGIN

ニュース

2018-2019トップリーグ
【東京都 秩父宮ラグビー場(9/ 22)】出場の報告

「パナソニック」vs「ヤマハ発動機ジュビロ」
15 - 0 (前半 15-0 / 後半 0-0)

ホワイトカンファレンスの首位攻防戦となった第4節。午後7時のキックオフにも関わらず、多くの来場者が東京・秩父宮ラグビー場に駆けつけ、ラグビーへの関心が高まっていることを伺わせる賑やかな雰囲気の中でキックオフの時間を迎えた。 パナソニックのキックオフで試合が始まる。ヤマハは開始直後から縦への突進を繰り返し、クワッガ選手からヘル選手にボールが渡ると一気にゴール前へ雪崩込む。前半5分、ヤマハボールのスクラム。その好機にパスミスが起こり、地面に落ちたボールをドリブルされ、最後はパナソニックの山田選手が押さえてトライ。0-5と先制される。

気を取り直し、ヤマハは再びヘル選手やタヒトゥア選手らが果敢に突進を繰り返すが、パナソニックの巧みなディフェンスにより、ボールを落とすノックオンの反則を繰り返す。

19分、ゴール前でヤマハが反則。パナソニックの山沢選手にペナルティーゴールを決められ、スコアは0-8となる。さらに22分にパナソニックはボールを夜空に向けて高く蹴り上げ、ヤマハのキャッチミスを誘うと、再び山田選手がライン際を快走し、最後はサンウルブズでも大活躍のワイクス選手の手にボールが渡りトライ。0-15とリードを広げられる。

前半終了間際に、ヤマハFWが集中力を見せる。相手ボールのスクラムを押し込み、反則を誘う。右隅の位置から五郎丸選手がペナルティーゴールを狙う。約1万3,000人の来場者の視線が五郎丸選手に集中する中、蹴り上げられた楕円のボールは惜しくもゴールポストを外れ、得点を得られずに前半を終えた。

後半、開始直後からヤマハFWが相手陣に攻め入り、反撃ムードを作り出す。クリシュナン選手や日野選手らが鋭く相手ゴールラインにめがけて突進。スタンドオフの清原選手がラックからのボールを受け、左に展開するが、そこに味方の姿はなく、ボールがタッチラインを割ってしまう。
攻撃のテンポをあげるべく、ヤマハは西村選手、仲谷選手、三村選手、ゲリー選手、マッガーン選手らをピッチに送り込む。しかし、パナソニックのディフェンスは最後まで崩れず、後半40分は双方とも無得点のまま、0-15で試合終了となった。 ヤマハは4試合目にして初の黒星が付き、勝ち点は14のままとなり、首位の座をパナソニックに奪われた。試合後、堀江主将は「相手陣に入ってからの攻撃が単調になってしまった。もっと賢い選択をすべきだった」と悔やむ。フランカーのクワッガ選手は「決して勝てない相手ではない。ヤマハにツキがなかっただけ」と再戦を楽しみにしている様子を見せていた。
(抜粋 : ヤマハ発動機ジュビロ公式サイト


TOP