MENU

MEMBER LOGIN

ニュース

2018-2019順位決定戦
【静岡県 ヤマハスタジアム(12/1)】出場の報告

「ヤマハ発動機ジュビロ」vs「NTTコミュニケーションズ」
33 - 21 (前半 19-14 / 後半 14-7)

2003年度に始まったジャパンラグビートップリーグ。16年目にして初となるヤマハスタジアムでのプレーオフは、近年、選手層に厚みが増してきたNTTコミュニケーションズ(以下、NTT)を迎えての準々決勝となった。
 強い風に応援フラッグがなびく午後1時にNTTのキックオフで試合が始まる。先制したのはNTT。5分にラインアウトから展開し、マフィ選手が中央に飛び込みトライを決める。
 ヤマハはゲリー選手のキャッチからチャンスを作ると、矢富(勇)選手がライン際を快走。相手ゴール前に攻め込む。相手に反則があり、ペナルティーゴールを狙える位置をヤマハFWは迷わずにスクラムを選択。8人が一体となって押し込み、堀江主将がボールを押さえてトライ。五郎丸選手のゴールも決まり、7-7の同点とする。
 29分、NTTもピッチを広くつかう攻撃を展開し、ロス選手が中央にトライ。再びヤマハからリードを奪う。
 直後のキックオフでヤマハはすぐにボールを奪い、矢富(勇)選手が素早く展開。ゲリー選手が左隅に飛び込んでトライを決め、難しい角度のゴールを五郎丸選手が成功させて、14-14と同点に追いつく。
 勢いがついたヤマハは、攻守に渡りワールドクラスのプレーを見せるスミス選手が前半終了間際にラックサイドを突破してトライを決め、19-14と逆転に成功して折り返す。

  風上に立った後半、ヤマハは相手陣でのゲームを続け、後半14分にスクラムで圧力をかけると、主審の麻生レフェリーがペナルティートライを認定。7点が追加され、26-14と点差を広げる。
 その後もタヒトゥア選手の突進や、大戸選手のチャージなどでNTT陣に攻め込み、途中出場の桑野選手が相手ディフェンスを突破して右中間にトライ。五郎丸選手がしっかりとゴールを決めて、33-14とする。
 27分、NTTは得意とするスピードある展開から1トライを奪うが、ヤマハは安定したセットプレーから落ち着いた試合運びを見せ、NTTに追加点を与えず、そのまま試合終了。33-21でヤマハが5年連続のトップ4入りをホームのヤマハスタジアムで決めた。
(抜粋 : ヤマハ発動機ジュビロ公式サイト


TOP