MENU

MEMBER LOGIN

ニュース

第6回Social Sports Parkクリニック(小学校3,4年生対象)開催のご報告

2月4日(土)に第6回Social Sports Parkクリニック(小学校3,4年生対象)が実施されました。
今回をもちまして、全対象の2周目が終了しました。

まず、ウォーミングアップの時間に記憶遊びをしました。
トレーナーさんの合図で2人ペアになり、自己紹介をしたら相手の特徴を覚えます。
それを何度か繰り返し、「最初にペアになった人」や「3回目にペアになった人」を覚えているかのチェックをします。
少し怪しい子もいましたが、ほとんどみなさん覚えていました。すごい記憶力です!

次に、2チームに分かれてリレーをしましたが、ただのリレーではありません。
子どもは足の間にボールを挟み、ジャンプをしながら大人が待つ方へ向かいます。


途中からボールを手に持って走り、列を作って待っている大人にボールをパス。
大玉送りのように頭の上を通し、後ろまで送ったら足の下を通しながらボールを戻します。


戻ってきたボールを子どもが受け取り、スタート地点までダッシュ!
次のお友達にパスをしてようやく一周です。
どちらのチームもボールを落とすハプニングがたくさんあり、ドキドキハラハラする勝負になりました。

続いてタグラグビーの時間です。
今日のテーマは「親子対決」「激しく運動する」この2つです。
パパママ VS 子どもで、相手陣からボールを奪うというゲームをしました。


1回戦で負けた子どもたちが、どうしたら勝てるかを話し合う時の表情はとても真剣です。
はじめはパパママが強いかと思いきや、2回戦は子どもの圧勝でした。
作戦会議の効果なのか、大人がバテバテだったのか…。

最後の試合では、子どもも大人もみんなが本気です。
今回のテーマの通り、激しい動きで息を切らすお父さんに対し、子どもたちはいつまでも元気いっぱいでした。

今日も笑顔と笑い声が溢れ、ご参加いただいた皆様からたくさん元気をいただきました。


TOP