MENU

MEMBER LOGIN

ニュース

第11回Social Sports Parkクリニック(小学校低学年対象)開催のご報告

3月18日(土)に第11回Social Sports Parkクリニック(小学校低学年対象)が実施されました。

今回もお天気に恵まれ、少しの運動だけで汗ばむほどの暖かさでした。

まず足を使い、いろいろな体の動かし方を体験しました。
つま先立ちやかかと立ちでの歩行、ボールを足に挟んでジャンプ! など。
また、体育座りの状態で寝転がり、ゴロンと起き上がる勢いで立ち上がります。
すぐにできるようになった子もあとちょっとという子も、全員で何度も挑戦しました。

次に、親子(兄弟)でペアになり、タグラグビーボールをパスしながらコースを往復します。
だんだんスピードを上げていきましたが、パパやお兄ちゃんの勢いあるパスも上手にキャッチできました。

ウォーミングアップ後にはタグラグビーボールを使ったドッジボールを行いました。
通常のドッジボールに、「下から投げる」というルールを加えたゲームです。
相手を狙ってボールを投げるので、パスをコントロールする練習にもなります。

大人との対決の前には、作戦会議やエンジンを組むことを忘れません!
チームの仲間であることを再確認し、みんなで力を合わせて大人に立ち向かいます。

お馴染みのタグ取り合戦やタグ取り鬼ごっこなどでも、毎回いろいろなステップや相手の躱し方を見せていただきます。
タグをたくさん取ること、自分のタグを取られずに逃げ切ること、ボールを持って走ることそのものに喜びを感じる人、楽しみ方は一人ひとり違うと思います。
本クリニックを通して体を動かすこと、スポーツをすることの面白さを感じていただければ幸いです。


TOP