MENU

MEMBER LOGIN

ニュース

Social Sports Park第二期 第4回クリニック開催のご報告

みなさま、こんにちは。
メインコーチの池田美帆です。

第4回となった今回のクリニック。とてもとても暑かった!いや、熱かったとも言います。
カンカン照りのお日様のわりに、風があったので、少し助かりました。

はじめは、なみ先生のウォームアップ。笑いを大事にするなみ先生。
実はなみ先生、毎回ギャグやら小ネタを仕込んできます。

もうすぐ父の日ということで、パパが主役のセクシーダンス。
ではなく、下肢の筋強化と上肢の連動、上肢をくねくねすることで前側ではなく、後ろ側の筋肉を目覚めさせます。これが意外に難しい。朝一にはもってこいの運動でした。
パパたち(ママたちも)、頑張ってましたよ~。
子どもたちの前で、かっこいい背中を見せられました。

続いては、瞬発力や反応の速さを鍛えるトレーニング。
笛の合図で右や左に向きを変えます。
途中で“ぶーちゃん”をさがす指示も。
みんなでブーちゃん探し。
大人も子どもも楽しみました。

ウォームアップ後半は、私みほが担当しました。
親子で協力しながら行うリレー。
鉛筆をお互い指一本で支え合いながら、縄跳びを飛んだりくぐったり、たくさんのボールをよけたり、フープをくぐったり・・・
鉛筆のほうに集中しすぎると、障害物をよけられないし、障害物に気を取られると鉛筆落とすし。
親子で支える鉛筆も力加減をわかり合っていないとすぐ落ちる。
いろんなところに意識を向けるトレーニングです。

そのあとは王様ドッジビー。子どもたちが大好きな種目です。
人数のわりに、あえてコートを小さくしてコンパクトに行いました。
大人も子供もファインプレー続出!予想以上に盛り上がりました。

後半は、やっさんにバトンタッチ。
負けるとずっと走りっぱなしという、運を味方につけるじゃんけんゲーム。
子どもはへっちゃらなようですが、大人は大変。
みんなで声出しながら、こなしましたよー。

さあ、ここからはタグをつけて動きます。
やっさんがまとめると、子どもたちはグッとこちらを見るようになります。
雰囲気づくりが上手で、見ていていつも勉強になります。

人数集めからタグとりゲーム。
親子でなくても、大人と子ども、大人同士、子ども同士、みな真剣です。

暑さもあり、日陰で休んだり、水分もしっかり摂りながら進めます。

ここからは、幼児組と小学生組に分かれての運動。
幼児組を担当するのは、じゅんコーチとぶーちゃん。
じゅんコーチは、いつでも子どもに寄り添って子どもの目線で話をしてくれます。
ぶーちゃんは、子どもたちの人気者。とってもとっても優しいのです。
大きなボールやフープをすり抜けて走ったり、ママたちとタグとりゲームしたり。
まだまだ集中力も続かない年齢ではありますが、暑い中本当によく頑張りました。

小学生組は、タグラグビーのゲームです。
ゲームの形になりつつあり、大人も本気を出して一緒にできます。
気温の暑さに負けない熱さ。

「何にもできないですけど大丈夫ですか?」と、朝の集合でおっしゃっていたママ。
とんでもない‼その足の速いこと速いこと。
ゲーム最後に、相当な距離をダッシュして綺麗なトライを決めたのでした。

クリニック最後は、恒例のじゃんけん大会。
今回は大人も参加。
勝ち残って、五郎丸選手のサイン入りシャツをゲットしたラッキーボーイはこちら。
おめでとうございました。

クリニックも残すところあと1回。
次回は6月24日です。
奇跡が起こるSSP。
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。


池田美帆


TOP