MENU

MEMBER LOGIN

レビュー

夢の秩父宮!ラグビー初観戦


なお さん

2016年01月24日 in 秩父宮ラグビー場

神戸製鋼 VS ヤマハ

たくさんのご応募の中から福岡在住の私に頂いたラグビー観戦チケット。もう、何が何でも行かせて頂きます!とトーナメント最終日の観戦を決め試合当日の早朝便の飛行機搭乗券を確保しました。が、、福岡は数十年ぶりの豪雪となり、飛行機も欠航が相次ぐ中、奇跡的に雪が止んだ時を待って私が乗った便は羽田へ飛ぶことが出来ました。心配された東京の天気は快晴!幸運に感謝し運命を感じ胸が高鳴る中、いつもテレビで見ていた夢の秩父宮へと急ぎました。秩父宮ラグビー場はテレビで見ていた感じの通り、都心の便利な場所にありながらも、緑やオフィスビルの中に歴史を感じる佇まいとともに観客を迎えてくれていました。多くの観客のみなさんと共に競技場内に駆け足で向かう前にラグビーボールを持った少年の像と目が合いました。その少年の像のユニフォームがラグビーが日本で初めて行われた頃の雰囲気を携えていて、これまでラグビーを日本に広めるために関わってこられた全ての方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。何と言っても生でのラグビー観戦は初めてで、見るもの聞くこと全てに感動しました。試合も両チームの選手の白熱したプレーを間近で見ることができ、快晴でしたがまだ寒い冬空の中、熱いプレーで汗をかき身体からも湯気が出ているような臨場感を体験することができました。試合では、前半は神戸製鋼がリードしていたものの、後半はヤマハ発動機の連動したプレーが生きてきて追い上げ逆転へと上り詰めるチームの躍動感を間近で見ることができ、こちらもフィールドの中で一緒に戦っているかの如く興奮しました。また、観客のみなさんが真摯に誠実に凛として試合を見守る方々が多く、他のスポーツとの違いを一番感じた場面でした。小さな子どもさんを連れてこられているご家族から、長年ラグビーのファンやOBの方であったであろう方々まで、ラグビーがご縁で集まられた方々との素晴らしい関係に、初めて場所を共にしたとは思えない心地よさを感じた瞬間でもありました。とにかく!みなさん!ラグビーは自分の目で肌で心で体験されてください!選手や観客みなさんの熱く温かい想いが伝わるはずです。日本でもこれからも一人でも多くの方にラグビーの素晴らしさとこの感動を体験して頂きたいと心から思いました。そして、いつかはラグビーの聖地秩父宮へ!

※レビューの投稿には、
無料会員登録が必要です

レビュー投稿してみよう!
一覧に戻る


TOP