MENU

MEMBER LOGIN

レビュー

3位決定戦は大熱戦でした。


れいちゃん丸 さん

2016年01月24日 in 秩父宮ラグビー場

神戸製鋼 VS ヤマハ

トップリーグ観戦チケット抽選に当選!
今シーズン最終戦となるLIXILカップ3位決定戦に行ってきました。
天気予報では雪の可能性があり、戦々恐々としていましたが、冷たい風は吹きすさぶ1日でしたが、見事な晴天に恵まれました。
試合開始前2時間半前の9時10分に入場者の列最後尾に並びました。すごい人・人・人の波です。全員入れるのかな。。。ちょっと心配になりました。

[写真1]

10時に開場!急いで席をとります。
私は白熱のシーンが見られる22メートルライン付近の席に座ることができました。それにしても冷たい風で涙がでてきます。

[写真2]

11時:選手の練習が始まりました。
頑張れ!ヤマハ!!気持ちがはやります。

前に座るおじさまグループが、試合を予想します。きっと自身もラグビーをやっていた人たち。話からはそんな印象を受けました。

[写真3]

いよいよ試合が始まりました。
風が方向を変え強く吹き続けます。キッカーは大変な試合になりそう。
まずはヤマハがチャンスです!
前半11分:No.8堀江選手が飛び込みました。
「ヤッター!先制点!!」

[写真4]

その後は、神戸製鋼の強い守りに阻まれます。
赤いジャージは見ていると赤い壁に見え、どこを攻めれば突破できるのか?
「頑張れヤマハ!!」

[写真5]

隙をつく攻撃で神戸製鋼が流れをつかみ、前半は17−5で神戸製鋼リードでおり返します。古豪はやはり試合巧者です。

[写真6]

「頑張れ!ヤマハ!!」
後半になり、ヤマハの逆襲です。風上にたったから?それともハーフタイムで指示がでたの?ヤマハの攻撃に厚みがでてきました。「あともう少し!いけ〜!!」「ヤッター!トライ!!」五郎丸選手のキックも冴え渡ります。

[写真7]

[写真8]

後半11分にLO大戸選手、20分にはCTBサウ選手がトライを奪い、ヤマハがリードします。
神戸製鋼も黙ってはいません。素早い出足しで五郎丸選手のパスをインターセプト!トライを決めるも、ヤマハ途中出場のWTB粟田選手が飛び込み、再逆転!最後ワンプレーのフォーンがなり、神戸製鋼が力のあるプレーを見せます。手に汗握る攻防は、ヤマハが22−26で制しました。

[写真9]

[写真10]

歓声と感嘆でゲームが終わるのもラグビーっぽい。
とにもかくにも、すごい1年でした。
トップリーグが終わってしまう寂しさと、スーパーラグビーへの期待が入り交じります。
グランドで見る迫力、画面に映らないところの選手の動き!やっぱりテレビじゃなく、ナマでみるラグビーは最高だ!!そう感じた1日でした。

[写真11]

五郎丸選手!慌ただしくめまぐるしいシーズンだったと思います。
束の間ですが、ゆっくりできるといいな〜と思っています。

この度、チケット当選ありがとうございました。
すごく嬉しかったです。

れいこ

※レビューの投稿には、
無料会員登録が必要です

レビュー投稿してみよう!
一覧に戻る


TOP